こんにちは、野口です。

先日、自然食品の店に行きました。

店主の方から偶然にも薦められた本を読みました。

   

タイトルは「アレルギー体質は口呼吸が原因だった」(西原克成)

購入リンクを張っておきます。

   

今回はこの本の内容の実践途中経過をレポートします。

   

なお、自然食品や食べ物に関することはまた今度記事にしたいと思ってます。

   

「アレルギー体質は口呼吸が原因だった」

著者は口腔外科のお医者さんで、アトピー患者を口呼吸を改善することで治療した事例などが紹介されています。

早ければ2週間ほどで改善が見られるとのことです。

   

詳しい内容は本を読んでいただくとして、
アトピーや喘息や花粉症などのアレルギー性の症状について、
その根本的な原因は口呼吸にあるのではないかということが書いてあります。

   

ということで早速実践しています。準備したものは紙テープとノーズクリップ、ブリーズライトです。

   

紙テープは寝る時と家にいるときに口に貼って強制的に口を閉じて鼻呼吸をしています。

以下リンクのようなものですが、大きな100円ショップにも売ってます。

   

ノーズクリップとブリーズライトは鼻が詰まっているとき、寝るときに使用しています。

僕が実際に購入したのはこちらです。

   

鼻呼吸 実践

僕は自分では鼻呼吸できてると思ってましたが実際に紙テープを使用して生活してみると意外にも口呼吸が多いことに気が付きました。

   

また、昨今のコロナの関係でマスクを着用する機会が多いと思いますが、マスク着用時は口呼吸になっていることが多かったです。

   

口呼吸は免疫力を低下させるらしいので、マスク着用することで逆に体調崩しやすいのではないかと考察します。

   

   

そして寝るときも、鼻が詰まって口呼吸をしていることが意外に多かったです。

   

そんなときはブリーズライトやノーズクリップを使いました。

   

   

   

鼻呼吸の効果

実践開始から10日ほど経っていますが多少の効果を感じているところです。

写真はビフォアとアフターです。

胸 ビフォー
胸 ビフォー
胸 アフター
胸 アフター
顔 ビフォー
顔 ビフォー
顔 アフター
顔 アフター

   

写真だとちょっと違いが分かりにくいですね。。。(笑)

特に顔は明らかに良くなってますよ^^

   

まだ始めて10日しか経ってないのでもう少し様子を見たいと思っています。

   

   

それから、夜中に痒くて起きる時間が減りました。

下の写真は夜中の睡眠時間を記録したものです。

睡眠時間の記録
睡眠時間の記録(矢印が寝てる時間)

写真の矢印は寝ている時間です。

矢印が引いてない、空白の時間帯は痒くて起きている時間です。

   

この写真の2日目から鼻呼吸実践をスタートしてます。

   

最初の5日ぐらいはほとんど寝れてないことがわかります。

   

6日目あたりから矢印の長さが長くなって睡眠時間が確保できていることがわかります。

   

起きる回数は相変わらずなので、これから減ることを期待します。

   

最後に

本によると早い人で2週間、普通の人でも1ヵ月位で結果が出てくると言うことなのでもう少し実践して様子を見たいと思います。

また進展あったらレポートします。

今回ご紹介した本はこちらです。