脱ステ中は肌がボロボロでガサガサで、控えめに言って悲惨です。

特に顔は人目につく部位であり、気になります。

この記事では、私が脱ステ中に実施していた対処法を紹介します。

この記事の結論

  • 基本的には放置
  • 痛い時、かゆいとき、本当に辛い時は冷やす
  • 洗顔は水だけで十分

脱ステ中の顔の見た目

  • 全体的に腫れぼったい
  • 赤みがかっている

感覚的にはずっとむくんでいる感じでした。

脱ステのリバウンドにより顔全体に炎症があるようなものなので、当然と言えば当然です。

笑うと痛みが走るので、ずっと無表情でした。

腫れぼったさよりも、顔から感情がなくなったことに気付いた時の方がショックでした。

そして、無表情がクセになってしまい、脱ステが終わった後も表情に乏しくなったのは残念でした。

脱ステのリバウンド中の顔 浸出液が固まって全体的にガサガサ フレーク状
リバウンド中の顔 全体的にガサガサ

ガサガサ肌の対処法

基本的に放置

基本的には放置です。

脱ステ中は、肌が一生懸命闘っている最中です。

余計なことはしない方が良いです。

薬漬けから脱却しようと頑張っているので、「頑張ってくれてありがとう」といたわってあげてください。

辛い時は水

ただ、あまりにガサガサするときは、私は水をつけてました。

もちろん、水が乾いたらまたガサガサしますが、それで良いのです。

余計なことは何もしないで水で充分でした。

顔のつっぱりの対処法

基本的に放置

これもやはり放置です。

炎症を起こしているから顔がつっぱったり、むくんだりする感覚がありましたが、炎症は身体が闘っている証拠です。

そっとしておきました。

辛い時は冷やす

あまりに辛い時はたいてい熱を帯びています。

熱を帯びたらかゆいし、痛いし、ジンジンするし、本当に辛いです。

そんなときは冷やしてました。

冷やす方法としては、以下のような方法をとりました。

  • うちわで扇ぐ
  • 夜風に当たる
  • 本当に辛い時は保冷材にタオルを巻いたものをあてる

顔からの浸出液(滲出液)

顔全体から浸出液がでてました。

浸出液が液体のときは、テカテカしていて、固まるとガサガサのフレーク状態になりました。

浸出液(滲出液)の対処法

基本的に出るに任せて放置しました。

時間が経てば固まってカサブタになり、カサブタがはがれて再び浸出液が出て、を繰り返すだけです。

ガーゼなどに染み込ませて除去しても良いですが、きりがないです。

もし滴り落ちるなら、多少除去するのは日常生活を送るうえで必要かもしれません。

私の場合、そこまで浸出液が出てくる日は稀でした。

また、浸出液は出し切る方が良いとも言われます。

しかし、顔に関しては諦めて良いと思います。

搾り取るようにつねるのも、顔だとやりにくいです。

私は放置してました。

顔のかゆみ

特にかゆかったのは、

  • 目の周り

鼻や耳はそうでもなかったです。

かゆみの対処法

かゆいときはかく

かゆいときには基本的にかきます。

身体は上手くできています。

かゆいのは、何かしら理由があるからかゆいのです。

我慢せずにかいていました。

最終的には血が出るまでかくことも度々ありました。

でも、それで良いのです。

血が出るまでかいたらかゆみは収まります。

かゆみを我慢して良いことなんて一つもありません。

自然に任せて、かゆいならかく。

本当に辛い時は冷やす

血が出てるのにまだかゆかったり、本当に辛い時は冷やすのが効果的でした。

上述の通り、

  • うちわで扇ぐ
  • 夜風にあたる
  • 保冷剤にタオルを巻いたものをあてる

これらで多少かゆみは収まります。

洗顔と顔のケアの方法

洗顔

基本的に水だけです。

冬場はさすがに寒いのでお湯ですが、夏は水です。

軽く1~2回流して終わり。

強くこすることはなるべく控えました。

洗顔後はタオルで軽く拭きます。

少し水分が残るくらいがちょうど良いです。

強くこすって必要以上に傷つけることは控えました。

顔のケア

私の場合は保湿クリームを使っていました。

  • 朝、顔を洗った後
  • お風呂上り

の2回です。

ただ今思えば、本当に辛い時以外は保湿クリームすら使わなくて良いと思います。

当時は私の中で脱保湿の考えが確立されていなかっただけで、本当に肌のことを考えたら保湿クリームも使わない方が良いです。(理由は後述)

デートの時とか、ここぞというタイミングで保湿クリームを使うのはアリかもしれません。

ちなみに、私が当時愛用していたのはシナリー社の「idol」(アイドル)という保湿クリームです。

市販のものを色々試しましたが、アイドルが一番刺激が少なかったです。

シナリー社の保湿クリーム「idol」アイドル
どうしても必要なときのシナリー「アイドル」

一般的な洗顔と顔のケアの問題点

上述のケアのやり方は、一般的な方法とは全く異なります。

一般的には、

  1. 洗顔料による洗顔
  2. 保湿剤を塗布して水分付与
  3. 保湿クリームを塗布して水分閉じ込め

この順に行います。

ただ、脱ステ中は避けた方が良いです。

理由は刺激が強すぎるから。

せっかく皮膚が頑張って闘っているのに、洗顔料や保湿剤で余分なものを参加させないで大丈夫です。

援護射撃してるつもりが、仲間に向かって射撃しています。

肌に合わないときは、ピリピリするのでわかると思いますが、企業広告や一般常識が染みついてしまうと、そのような体の声を見て見ぬふりしてしまうので厄介です。

これを機に常識を塗り替えましょう。

私はそれでうまくいきました。

脱ステ中の顔まとめ

  • 基本的には放置
  • かゆみや痛みで辛い時は冷やしてやり過ごす
  • 洗顔は水だけ

関連記事

脱ステとは?アトピーを克服するたった一つの方法

脱ステ中の保湿はどうすれば良いの?保湿vs脱保湿

【写真付き】脱ステの経過を赤裸々に紹介